医学部受験の小論文 | 確実に受かる予備校を選んで、医学部に入ろう!
Mature male medical doctor standing inside hospital.

医学部受験の小論文

learning girl

医学部受験の小論文

医学部予備校では小論文対策も大切にしています。大体600字〜800字の文章を書く必要があります。
小論文は作文ではありません。作文は個人的主観を多く含み、「楽しかったです。」「良かったです。」といった感想で締めくくっても問題はありません。
しかし、小論文は違います。まず、文章構成としては、テーマに沿って自身の見解を端的に述べる必要があります。
そして次に、自身の考えを客観的な事例や体験談を例に出し述べていきます。いかに自身の見解を明確に説明する例を提示できるかがキーとなってきます。
最後に冒頭で述べた自身の見解を「したがって〜である。」調で明確にもう一度、前述した例と結び付けて述べる必要性があります。
もちろん医学部の受験ですから、当然医学部に関することや医学への基礎知識は必要です。また、直近の医学部の傾向や医学に関する時事ネタも把握しておく必要があります。
普段の生活において、学生が医学に触れる機会は通院のときぐらいで、なかなか医学の基礎知識を得るところまでは追いつきません。
医学部予備校ではそういった点をフォローします。出題傾向の高い医学用語を指導し、書いた小論文に対して医学部予備校のプロの講師が添削を行います。
頻度としては、大体週に1コマのペースで医学部予備校にて小論文の指導をしてもらうと良いでしょう。思考力や文章力のほかに、きらりと光る独自性のある文章が書ける指導も行います。