医学部突破の勉強方法 | 確実に受かる予備校を選んで、医学部に入ろう!
Mature male medical doctor standing inside hospital.

医学部突破の勉強方法

books and pens

医学部突破の勉強方法

医学部突破のために、医学部予備校では充実した授業内容のほかにもう一つ大切なことを教えています。
それは個人個人にあったカリキュラム制度です。もちろん、全教科全て万能に点数を取れればそれに越したことはありません。が、そういったタイプの子はほんの一握りです。
予備校では、苦手科目を細密に抽出し、その子の弱点となる箇所を洗い出します。得意な科目をのばすことも大切ですが、苦手科目から逃げていては医学部には受かれません。
苦手科目をなるべく減らしていき、飛躍的に短期間で全教科の偏差値をバランスよく上げることが医学部予備校では可能です。
予備校の集団授業で受けた内容だけでは受身形式の知識の習得の仕方になってしまいます。あ、今のところちょっと聞き逃した。。。そんなことを頭の中で思っている子も多いのです。
その聞き逃しや、授業でわからなかったところを医学部予備校ではアフターフォローとして、カリキュラムを組み個別指導を行います。
「何がわからない、どのようにわからない」が自分自身で整理整頓できてはじめてその箇所は強みに変わっていくのです。医学部突破には最終的に全教科オールマイティな完璧さが必要ですから。
また、医学部予備校の個別指導だけでは物足りないという子のために、質の高い家庭教師に来てもらうことも良いでしょう。医学部受験の家庭教師をする者ですから、現役医学部生や熟練のプロ講師が大半です。
あなたに一番合う勉強のやり方で医学部突破を目指しましょう。